女性向け風俗.comコラム

2020/1/10しおりんの♡そうだ女風、行こう。-2-

女性向け風俗.comしおりんの♡そうだ女風、行こう。
今回は、【選び方と予約の仕方】をお送りします。

まず、【行きたいお店】を探します。そう、女性向け風俗.comで!!!←
失礼、露骨な宣伝が過ぎました。

結局自分と1対1で肌を触れて接してくれるのはセラピストさんなので、“誰”が良いかセラピストさんベースで選ぶのが一番良いのではないかなと思います。その上で、場所や予算。 同じお店のコンセプトやHPの雰囲気も大事だと思います!でも方針や見た目は全然違うわけですのであくまでも自分の好みで考えましょう。見た目とか年齢とかテクニック重視か雰囲気重視か…。そして忘れないでいただきたい…

『そうだな~山下●久くんみたいな人が~…』・・・いません!!!!(笑)

もしかしたら、途中で景色にフィルターがかかって山Pに見える場合もあるのかもしれませんが、そんなパーフェクトイケメン、風俗店ではなくジャ●ーズに所属するでしょう!どうか期待しすぎない程度のわくわく感で探してみてくださいね♪♪

でもねでもね!昔プライベートで利用させて頂いていた感覚とマネージャーとしてたくさんの方々とお会いして本当に思いますが、

みなさんカッコイイよ!そして紳士!!

さて、予約する大事な点…5W1Hで予約までを考えています!!

Whe いつ

▼  自分の利用可能日時を考えておきましょう。
セラピストさんも前後ご予定が入っていたりするので、幅広く考えておくとよいでしょう。 自分の時間に関しては、【予約時間+30分】を確保しておきましょう。

「今すぐ!」みたいな突然の利用でも大丈夫です。
夜中の利用も大丈夫ですがお店によって予約を受け付けてくれる時間が異なります。また、注意点として、終電後の深夜料金が発生するお店もありますので確認が必要です。ご予約は計画的に~★

Where どこで♥

▼よくある利用場所
【ホテル・自宅】
エリアによって出張料が異なっています。遠方には出張費がかかる場合もあります。 東京都内だと、渋谷・新宿・池袋のホテル街が多いと思います。

ラブホテルの場合、事前予約できない場合が多いです。
ホテルの綺麗さや値段・立地・クレジットカードの利用可否など気になる点がいくつかあると思うので事前に調べましょう。また、不安であればセラピストさんやお店に相談してもいいでしょう。

▼ホテルの場合待ち合わせはどこで…
【ホテル先入りor合流】
・『ホテル先入り』とは…自分がホテルに先に入ってセラピストさんが来るのを待つこと
→ ホテル名と部屋番号を伝えてセラピストさんを待ちましょう。 待ってる間にドキドキしまくってる場合は深呼吸!他は特にすることありません。

・『合流』とは…どこかで待ち合わせて一緒にホテルに行くこと
→ 待ち合わせ場所での自分の特徴を連絡することになります。

「黒い髪の毛と黒いコートと黒い鞄と靴~」・・・・・その恰好の人、結構いるーーー!!!涙

♥Who 誰♥

▼男性は星の数ほどいると誰かが言っていました。(違)
年齢・ 見た目・雰囲気・・・テクニックなど求めることはみなさんそれぞれかと思うので女性の勘をフル活用で探しましょう!

♥What 何を♥

▼よくあるしてほしいこと
・性感マッサージをしてほしい!
…ホテル代はもちろん女性負担です。
・ハードなSMプレイとか特殊なことがしたい
…別途オプション料がかかる場合がありますので、HPを見るかお店に問い合わせましょう。

・デートがしたい!食事がしたい!一緒に映画を観に行きたい!
…時間内のお楽しみ代は女性負担です。食事代、映画代(ポップコーン代も)はその時すっとスマートにお支払いを。
・お散歩したい(仮)
一緒にいる幸せ空間、プライスレス。

♥Why なぜ♥

なぜその時間を買ったのか。貴重な時間とお金に後悔がないように楽しみましょう♪♪

♥How どのように♥

▼よくある予約方法
【電話】【LINE】【フォーム】がほとんどかと思います。

実際に色々相談しながらタイムリーに決めたい方は電話が早いかと思います。 参考にならないかもしれませんが、私個人的には、前日確認や当日の連絡を考えると、普段から使い慣れているLINEで予約するのが気楽かなと思ったりしてます。

まずは何の方法でも、問い合わせてみることで色々解決すると思います。 緊張していても、お店の方が色々言ってくださるかと思いますよ!
もし問い合わせの段階でしっくり来なければ別のお店にしても良いわけですし。

次回は…いよいよ当日!!

今回の教訓…

誰でも最初は一年生。

┏┓
┗しおりんTwitter☆:.。. o 気軽にフォローしてね(^ω^*)
https://twitter.com/p_SHIORIZM

お役立ち情報

関連記事

この記事を書いた人

しおりん
しおりん

女性向け風俗に600万使いました。しおりんです。
アダルトの広報&制作→ファンクラブ運営→女性向け風俗にハマり貯金0。

今はこちらで女性向け風俗の良さを様々な形でインフルエンスしています。
女性向け風俗に癒しと刺激を求め、日々冒険!!「風俗で日本を元気に!」をモットーに、女性向け風俗などで、女性がもっと性にオープンになれる時代が来るように活動して行きます!

3度のメシとイケメンが好き♥

Twitter でフォロー