在籍中スタッフの写メログのページ 女性向け風俗.com

キーワードでお店を探す
※キーワードはスペースで区切って複数指定できます。
閉じる

写メ日記

柚木 俊介
写メ日記
  • テクニックのある男とは
    最近、見ていてモヤモヤする動画がある


    それは、AV男優などを初めとした

    ”性”に関するインフルエンサーが

    指入れなどのテクニックについて

    解説している動画だ



    なぜなら、極端な意見がすごく多いし

    それを信じて実行する男性も

    非常に多いと感じるからである



    そもそもの話、

    完璧なテクニックなんて存在しないと

    僕はそう考えている



    女性の体には個性があるから

    何に快感を感じるのか

    逆に何に不快感を感じるのかは

    人によって大きく異なるだろう



    だからこそ、誰かにとっては

    最高のテクニックだとしても

    他の誰からしてみると

    痛みを伴う最低なテクニックかもしれない



    ”痛み”で済むならまだマシだが

    怪我をさせてしまったり

    トラウマを残してしまったり

    そんな可能性すら孕んでいる



    だからこそ我々男性は

    「このテクニックで女性はイク」という話を

    簡単に信じてはいけないし、

    間違った知識が女性を傷つけることを

    もっと理解すべきなのだ



    しかし、そうは言いつつも

    強いて言うならこれが完璧なテクニックだと

    僕がそう思っているものが

    実はいくつか存在する



    ・最初は優しく

    ・よく観察する

    ・よく考える



    ”テクニック”と言えるかは微妙だが

    これらがそれにあたるだろう



    まず”最初は優しく”についてだが

    ”感じない”と”痛い”の2つなら

    前者の方が遥かにマシだし

    そもそも力の入れ方なんて

    後から調整できるのだから

    初めは優しくするのが無難だろう



    それに優しく触って感じない人に

    強めに愛撫して感じるとは限らない

    他に原因があるかも知れないし

    そもそも感じにくい体質なのかも知れない

    実際、優しい愛撫で感じる女性は

    思っているよりずっと多かった



    また、残りの2つについてだが、

    女性の体には個性があるからこそ

    キチンと観察して自分の頭で考え

    何をすれば気持ちいいのか分析することが

    僕は何よりも大切だと思っている



    こんな偉そうに発言してはいるけれど

    僕だって”性”の世界に入って半年のヒヨッコだ

    僕より経験のある方も沢山いるし

    現に女性を喜ばせている方も沢山いるだろう



    しかし、いくら経験があるからといって

    「これをやったら絶対に気持ちいい」と

    決めつけるのは危険すぎる



    運よく相性の良い女性に

    当たっているだけかも知れないし

    女性が演技し続けてくれたのかも知れない



    そうしたリスクを考えず

    色々決めつけて女性に触れてしまうことを

    「手抜き」以外のなんと呼ぶだろうか?



    僕はまだまだ経験が浅いけれど

    ”無知の知”とも言うべきか

    観察し続けなければいけないことを

    考え続けなければいけないことを

    いくらあっても経験が足りないことを

    他の人より理解している自信がある



    だからこそ僕の考える

    ”テクニック”のある男とは



    キチンと女性を観察して

    キチンと相手のことを考えて

    その経験を蓄積している男のことだ



    決して”俺流最強テクニック”を

    披露している男でもないし

    そんな男の15分の動画見て

    学んだ気になっている男でもない



    女性に嫌われたくなければ

    女性を傷つけたくなければ

    女性に好かれたいのであれば



    自分を疑え

    決めつけるな

    考え続けろ



    なぜか自分は大丈夫だと思い込んでいる

    一人でも多くの男性に届いてほしい
    ________

    現在9月以降のご予約を受け付けております
    詳細は固定ツイートをご覧ください

    Twitter: @s_yuzuki_fc
  • 手抜き問題(4/4)
    結局みんな不満があった時は
    それを改善してほしいと思うわけだけど

    それを伝えられたら苦労しないよと

    そんな声も多かった

    やっぱり不満を伝えることって

    すごく怖いし辛いことだよね



    だからこそ、できるだけ関係を壊さずに

    うまく伝える方法をお客様は欲してる

    キャスではそんな話題で盛り上がった



    色んな意見が出る中で

    僕が素敵だなと思ったのは

    できるだけポジティブな言い方で

    伝えるというやり方だ



    例えば不満を”怒り”としてぶつけるのではなく

    もっとこうしてほしいと言うような

    ”提案”してみるのもいいかも知れない

    同じことを言うのにも

    言い方一つでイメージは全く変わってくる



    もちろん、こうした話をしたときに

    そもそもプロならモヤモヤさせるなとか

    お金を払っている側なのに、

    労力をかけるのはおかしいだとか

    そんな意見がでるのも分かっている



    だけど人と人との関係だ

    全てのお客様を満足させられるキャストなんて

    存在しないと思っている

    少なくとも僕は見たことがない



    だからこそ、無理のない範囲でいいから

    気になることがあれば伝えてほしい

    それが女風のいいところだ



    だって料理に文句を言ったとしても

    メニューを変えるお店はほとんどないけれど

    女風はサービスを改善できるかも知れない

    言わなきゃ損だろう



    そしてお客様にここまでさせているんだ

    キャストはお客様が放った一言に

    キチンと気づく努力をすべきだろう

    それがお金をもらう側の責任だ



    そしてこれは僕自身にも言えることだ

    今回の件で、女性が発するサインを

    自分が見逃してしまっていないか

    キチンと考え直そうと思った



    女性は不満を言わないし

    男性はそれに気づかない

    解決できない問題かも知れないけれど

    お互い少しでも歩み寄れたら素敵だね
    ________

    現在10月以降のご予約を受け付けております
    詳細は固定ツイートをご覧ください

    Twitter: @s_yuzuki_fc
  • 手抜き問題(3/4)
    ここまではなしたのは
    僕自身の話だったけれど

    先日のキャスでは

    お客様からの意見も多くいただいた



    キャストが手抜きをしていると感じた時

    1,すぐに剥がれるという意見

    2,言い出せないから我慢するという意見

    3,伝えて改善してもらうという意見

    大きく分けるとこの3種類の意見が出たのだが



    私は〜派、と言う話ではなく

    正直キャストとの関係性次第なのではないかと

    僕はそう感じた



    例えば1の意見の場合

    自分が労力をかけてまで

    一緒にいたいと思えるほど

    キャストに魅力がないだけかも知れない



    もしくは2の場合

    キャストに意見しにくい関係だったり

    不安にさせられる関係だったのかも知れない

    意見をしたら関係性が崩れると感じてしまったら

    言い出せないのも無理はないだろう



    もちろん、僕等の立場からすると

    手抜きをしていると

    思われなければそれでいいから

    まずはその努力をするべきだ



    しかし、もし何かモヤモヤさせてしまった場合でも

    それでも一緒にいたいと思ってもらえるような

    魅力的な人間になりたいと思うし



    不満を伝えやすい信頼関係を

    キチンと築きたいとも思う

    ________
    現在9月以降のご予約を受け付けております
    詳細は固定ツイートをご覧ください

    Twitter: @s_yuzuki_fc
  • 手抜き問題(2/4)
    実際に僕も手抜きと思われた経験がある


    僕には手抜きをしている実感がなかったから

    自分はお客様のことを考えているはずなのに

    なんでそれが伝わらないのだろうって

    悲しかったし悔しかったし

    自分が不甲斐なくなった



    だけど、今でこそ思うのは

    この仕事に限らず

    結果にコミットするのがプロであり



    考えるだけでは足りなくて

    相手のことを

    キチンと理解できなければ意味がないのだ



    より具体的な話をすると

    もっと性感してほしいとか

    もっとこうしてほしいとか



    ”エロ”に関しての要望や不満を

    素直に言えない女性は多い



    それをキチンと読み取るのが

    セラピストとしての資質の一つなのだから

    それができないのは

    ただのキャストの能力不足だ



    もちろん、本当に手を抜くキャストもいる

    お客様を舐めているし

    同業者として最低だとも思う



    だけど、手を抜いていないにしても

    能力不足でお客様に迷惑をかけるセラピストを

    擁護するつもりはないし



    手を抜いていると思われる時点で

    本当に手を抜いているセラピストと

    なんら変わりはないだろう



    能力不足はどうしようもないかもしれない

    だけど、それを言い訳にしてしまったら

    そこでおしまいだ



    「手抜き」と言われたくないのであれば

    女性を理解する能力を

    磨き続けるしかないのだろう



    そして自分の能力不足のせいなのに

    お客様のせいにして反論するような

    そんな人間にはなりたくない
    ________

    現在9月以降のご予約を受け付けております
    詳細は固定ツイートをご覧ください

    Twitter: @s_yuzuki_fc
  • 手抜き問題(1/4)
    先日のキャスを聞いてくださった方々

    本当にありがとうございました
    その際「手抜き」に関する話が出たので

    せっかくなので共有させてほしい



    正直、綺麗事を抜きで話すと

    僕自身「手抜き」だって言われると

    すごく嫌な気持ちになる



    なぜなら自分は手抜きなんてしていないし

    それを信じてもいらえないのが悲しいし

    手を抜くような性格の悪い人間だって

    人間性まで否定されるように感じるからだ


    なんでそんなこと言うの?

    本当にそう思ってるの?

    手抜きなんてするわけないじゃん!



    そうやって反論したいのが本音だが

    それほどダサいことはないと思うから

    グッと受け入れるようにしている



    なぜならお客様の立場からしてみると

    本当に手抜きだったのかはどうでもよくて

    手抜きに感じてしまったという

    事実の方が重要だからである



    例えばレストランに行ったとして

    料理に満足いかなかったとしよう


    そこでシェフが厨房から出てきて


    俺はちゃんと作ったはずだ

    俺の料理は美味しいはず

    理解できないお前が悪い


    こんなこと言われても

    何も感じないはずだろう


    シェフの気持ちなんて関係なく

    肝心の料理がまずかったら

    また行こうとは思わないはずだ



    「手抜き」に限った話ではなく

    キャストがどんな思いで働いていようと

    満足いくサービスを提供できなければ

    お客様は剥がれるし



    どっちが悪いかどうかとか

    本当に手を抜いていたかどうかなど

    そもそも関係ない話なのだ
    ________

    現在9月以降のご予約を受け付けております
    詳細は固定ツイートをご覧ください

    Twitter: @s_yuzuki_fc

店舗INFO

FIRST CLASS
東京 / 出張ホスト
触れるエンタメ!東京エスコートサービス
洗練された男性キャストによる女性の為のエスコートサービス FIRST CLASS 当店は、容姿端麗で女性に優しく、自分磨きを怠らない一緒にいて楽しい知的な男性のみ採用し、かつ女心をくむ研修を受けたキャストが在籍しています。 【デートコース】細やかな心遣いで彼氏よりも彼氏らしくリード致します。 【ホテルコース】ドラマティックなワンシーンと心を込めた性感マッサージで深いベッドタイムをお過ごし下さい。 【通話コース】カップルのような秘密のおしゃべりの時間をお楽しみください。 無店舗型性風俗特殊営業届出番号 第21355号
  • 24時間
  • なし
対応エリア:東京23区、関東を中心に全国に出張中

写メ日記