女性向け風俗.comコラム

2020/7/3最後の夜…飛鳥

「お、イメチェンしたね」

あの3Pの直後、私は髪を切った。胸の下まであるロングヘアーからショートボブにしてダークブラウンから明るめのブラウンにした。

飛鳥君、長い髪が好きって言ったから…

思いを断ち切るために形から入ってみようとしたが、実際の心はうまくゆるがない。

彼が退店するまであと4日、今日が彼と過ごす最後の日、普段通りホテルに先入して彼を待っていたのだ。

「うん…」
彼を迎え入れるために開けていたドアを押さえながら、悲しみや、さみしさをこらえながら答えることがやっとである

彼が入室しすぐに私がベッドに座り、彼が荷物を床に置いた
「美咲、これあげる」
「ん?」
彼が有名洋菓子屋の手提げの紙袋を持っていた
「ここに置いとくね」
「ありがとう…」
ソファーに紙袋を置き、私の横に座った

おもむろにテレビをつけた彼が私を抱き寄せる、今日で最後なんだ…こんな日も。
テレビに写るのはお笑い芸人。楽しそうに笑う彼らのと対照的に静かな私たち。
何分テレビを見ていたであろうか
「もう遅いし、お風呂入る?」
彼がそう切り出す
「うん」
彼が来る前に先に身体を洗っていた、私が服を脱いで髪をあげようとすると

…ない

髪を数十センチ単位で切ったことがある女性ならわかるであろう、あるはずの髪がそこにない違和感にまだ慣れない。

髪なんてまた伸びる、しかししばらくはこの髪がない状態が続く。何ヶ月?
私の恋も、もうない…でも…
身体を洗う彼の横で浴槽につかる、涙が出そう

「入るよ」
「あ、うん」
座っている私の背面に彼が座る
「こっちおいで」
「うん」
彼の両足の間に座り、後ろから抱き寄せられる、普段ならこのときは最高に幸せなのに。
「短いね」
「え?」
私の首を飛鳥が触る
「どうした、失恋でもしたのか?」

わかってるくせに…何も答えることができない

黙って私の髪をなでる
「おもいきったね」

ここまで一気に髪を切ったのは何年ぶりだろう、20年ぶりくらいかな…

そこから記憶はあまりなく、気がついたら私はベッドに座り彼の胸で泣いていた

朝になったらもう二度と会えない、涙が止まらない
どうしてこうなったんだろう
自分でも何がしたいのか、どうなりたかったのかわからず泣いていた

すると彼が私頬に触れて手で涙をぬぐい言った

「最後に一つ、お願い聞いてあげる」
「お願い?」
彼の顔を見た
「もう最後だからね、俺にできることならなんでもいいよ」
薄暗いライトがつく部屋で私の頭をなでる、久しぶりに見た彼の優しい顔。
したかったこと…彼に、してほしかったこと…
「じゃあ…」
息をのんで、抱いていた願望を私は打ち明けた。
「わかった」
彼はそっと私を抱き寄せて、願いを叶えてくれた。

小説

関連記事

この記事を書いた人

海野夏菜
海野夏菜

女風ユーザーです!

使用している画像は自分で撮った物又はこちらからお借りしてます
https://www.photo-ac.com

Twitter でフォロー